ビルオーナー様へ
そのエレベーター保守管理費用、実は割高かもしれません
【メーカーの言い値の管理費】や【古い契約に基づく管理費】は、残念ながら割高の可能性が高いと言えます

“割高価格を適正価格に。”これが私たちの合言葉です。

エレベーターは命に関わる設備です。そのため多くのビルオーナー様は、エレベーターの保守管理に“適正価格”を支払っても良いと考えています。
しかし実際には、多くのケースでその価格は“割高価格”となってしまっています。

これは単純に、専門家でないと適正価格がわからないからです。
そこでエレベーター管理の専門家である私たちが適正価格を算出し、オーナー様に代わって価格交渉を行うことで、割高価格を適正価格に修正いたします。

エレベーター費用削減サービス 3つのポイント

ポイント1
私たちはオーナー様の"代理人"として働きます。

私たちが目指すのは、弁護士のような立ち位置です。

弁護士は法律のプロフェッショナルとして、弁護する方の代理人となって法廷に立ちます。これと同じように、私たちはエレベーターのプロフェッショナルとして、オーナー様の代理人となって各種交渉及び実務作業を行います。

また弁護士が依頼人の利益を代弁するように、私たちもオーナー様の利益を代弁致します。そのため私たちは、特定のメーカーや保守管理会社に属さない独立系コンサルティング会社として、オーナー様にサービスを提供しております。

ポイント2
現在の取引関係を維持したまま"価格交渉"を行います

安易な取引先の切換えは、思わぬリスクを招く恐れもあります。

エレベーターは命に関わる重要な設備です。保守管理会社の切換えにおいては、現在ご使用されているエレベーターについて、切換え先の会社が十分な知識を有しているかといったことに加え、人員や部品供給を含むメンテナンス体制、さらにメンテナンス実績について慎重な確認が必要となります。

そのため私たちは、まずは取引先を変えることなく価格交渉を実施することを、オーナー様にお勧めしております。

※まずは価格交渉を行うことをオーナー様にはお勧めしておりますが、オーナー様のご希望がある場合には、保守管理会社切換えに関するご相談をお受けすることや、それぞれの状況に合わせて信頼できる保守管理会社をご紹介することも可能です。

価格交渉においては“割高価格を適正価格に。"が合言葉です。

残念ながら、数多くのエレベーターの保守管理費用は“割高価格”になっているというのが現実です。そこで、私たちはこうした割高価格を適正価格にするために、オーナー様に代わり価格交渉を行います。

私たちが価格交渉において目指すのはあくまでも“適正価格"です。
“適正価格”につきましては、まずは私たちが実際に現地を訪問して、オーナー様のエレベーターについて現物確認させて頂きます。それにより、エレベーターの使用状況と、今後必要となるメンテナンスを十分に把握した上で算出致します。

“割高価格を適正価格に。"
これは、命に関わる重要な設備であるエレベーターにおいて、安全・安心を損なうことなくコストの低減を図る現実的な交渉方針であると私たちは考えています。

ポイント3
私たちの報酬は"着手金"ゼロ&完全成功報酬です

オーナー様が利益を手にするときに、私たちは報酬を頂戴します。

エレベーター保守管理費の削減に関する私たちの報酬は削減額の半分相当額を2年間、とさせて頂いております。オーナー様の側から申し上げますと、オーナー様には当初2年間は削減額の半分を、3年目以降は削減額の全額をご享受していただく形となります。なお価格交渉がうまくいかず、保守管理費を削減できなかった場合には、オーナー様に料金をご請求することはありません。

私たちは、コンサルティングとは依頼者様に何らかの利得をもたらし、その利得のー部を頂戴する仕事だと考えています。そのため“着手金ゼロ&完全成功報酬”は、単なる報酬体系を超えた、コンサルティング会社としての私たちの信念を表わす大切な報酬体系であると考えています。

オーナー様のコストイメージ図

例 年間コストを100万円から70万円に削減(30万円の削減に成功)

コスト削減事例① フルメンテナンス契約

コスト削減事例② POG契約

オーナー様のニーズに柔軟に対応いたします!

ご案内させて頂いておりますエレベーター保守管理費以外にも、ビルメンテナンス費用、キューピクル保守管理費、機械警備費、清掃費など、ビルの管理に関する費用削減につきましては多数実績があります。

「この費用を少し下げられないだろうか?」

といったご相談は無料でお受けしておりますので是非お気軽にお問合せください!



「具体的にこれというのはないが、何かしら下げられる費用はないだろうか?」

このようなオーナー様のニーズにも、もちろん対応させて頂きます。
私たちがオーナー様のビルの管理状況を確認し、割高になっている費用項目はないか、洗い出しします。
洗い出しの費用はもちろん無料。ビルの管理費用を実際に下げることができた場合の成功報酬以外に、オーナー様に料金をご請求することはありません。

といったご相談は無料でお受けしておりますので是非お気軽にお問合せください!

弊社グループのご紹介

ウィザーズコンサルティンググループは、弁護士、司法書士、税理士、会計士、不動産鑑定士等の士業プロフェッショナルをグループ企業に有するコンサルティンググループです。

弊社グループの特長

かつて近江の商人は買い手よし、売り手よし、世間よしという、“三方よし"の精神を大切にしておりました。創業以来、私たちも“三方よし"の実践を掲げ、そのためには信頼関係の構築が必要不可欠であると考えております。

具体的には、まず私たち自身がプロフェッショナルとしての知識・モラルを十分に備え、その上で社会のルールを守り、お客様に価値あるサービスを、自信を持ってご提供すること。このことにまっすぐ向き合い、事業を行ってまいりました。そしてこうした方針のおかげで、幸いにもこれまで大きなトラブルを招くことなく事業を継続、拡大させてこられました。そしてこれからも、“三方よし"を愚直に実践していくことをお約束いたします。


私たちは弁護士や司法書士、税理士、会計士、不動産鑑定士などの士業プロフェッショナル集団として創業しましたが、その後富裕層向けのコンサルティング、さらにはビルの管理や、ビルオーナー様に対するビル経営コンサルティングなどへと業容を拡大してまいりました。

そんな私たちの強みは「“買い手”側をサポートするプロフェッショナル」という立ち位置にあると考えています。
例えばエレベーターですと、プロフェッショナルの方はたくさんいらっしゃいますが、その多くはメーカーなどの“売り手"側に偏っています。これでは“買い手”は適切な価格交渉を行うことができず、結果として“売り手”に有利な契約が社会に多く生み出されることになってしまいます。
私たちはこのような状況を解消していくために、ビル管理の経験とノウハウを有するプロフェッショナルとして“買い手"側のサポートを行ってまいりました。そして、お客様お一人おひとりにご満足して頂いた結果として、これまで事業を継続してこられたのだと考えています。


私たちのグループは、これまでに上場企業を含む500社以上のお客様とお取引をさせて頂いております。

また、都銀・地銀・信金といった金融機関との業務提携も積極的に実施しており、協業関係を活かして相互のお客様に対して付加価値のあるサービスをご提供させて頂いております。

ご参考 更新工事等への補助金適用事例

弊社では、エレベーター費用削減サービスの他にも、ビルの各種更新工事等への補助金適用サポートも行っております。ご参考までに当該サポート事例についてもご案内させていただきます。

なお、補助金適用サポートにつきましても弊社の報酬は【着手金ゼロ&完全成功報酬】となっております。具体的には適用補助金の半分相当額を弊社報酬として頂裁する形となっております。

サービスの流れ

ビルの費用洗い出し特別無料キャンペーン!

エレベーター費用削減サービス「無料診断」に、無駄なビル費用まるごと洗い出し「無料診断」がつく!
エレベーター費用削減サービスの無料診断にお申込み頂いたお客様に ビルに無駄な費用はないか、無料で洗い出しさせて頂きます!プロフェッショナルの視点でビル費用をトータルにチェックする お得な機会をぜひご活用下さい!

お問合せフォーム お問い合わせフォーム

お問合せをご利用いただき、ありがとうございます。下記お問合せフォームにご記入いただき、「確認画面へ」ボタンを押してください。
印は入力必須項目ですので、必ずご記入下さい。

お問合せ種別
  • エレベーターの保守管理費削減サービスについて
  • ビルの各種工事等への補助金適用サポートについて
  • その他のお問合せ
お問合せ内容等
  • ・特段何もご記入いただかなくても結構です。弊社担当者よりご連絡させて頂きます。
お名前
会社名(法人名)
電話番号

※半角英数字で入力してください。

メールアドレス

※半角英数字で入力してください。

メールアドレス確認

※半角英数字で入力してください。

会社概要 会社概要

会社名
ウィザーズコンサルティング株式会社
代表者
代表取締役 井主晃平
設立
2007年11月
所在地
〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-5
九段ビル3階
電話
03-6272-8690(代表)
FAX
03-6272-8691
URL
http://www.wizardz-consul.jp/
ウィザーズコンサルティング株式会社 代表取締役 井主 晃平